あずきのつぶやき

ブログ一覧

けいた君ありがとう

神戸から「けいた君」が、トライヤルウィークに来てくれました。

ちょうど小豆の収穫期で、小豆の収穫、乾燥、実を出す、唐箕で風選、

手選別、小豆炊いてあんこ作り、ご飯を餡子で包んでおはぎ作り。

これら一連の作業を経験してくれました。

けいた君は、返事がいい、笑顔がいい、素直でいい、まだまだある。

山が綺麗、雲が綺麗、空気がいい、といいとこ見つけが出来る。

ちょっと虫が怖いこともある。

こんなけいた君がトライヤルウィークを終えて、学校に帰りました。

素直で明るい、可愛い孫のような「けいた君」に出会えて、楽しく張り合いのある、日々が過ごせた事に感謝です。

一生懸命作業をしてくれました。ありがとう。

2019年11月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

小豆の横にミゾソバ

小豆の収穫、その横に可愛いミゾソバが沢山はえていました。

子どもの頃は、こんぺいとうの花って言ってましたね。

可愛い砂糖菓子も思い出しますね。

2019年11月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

小豆の収穫会と料理教室終了

1 1 月 3 日 小豆の収穫会と料理教室を同なじ日に実施しました。

小豆の収穫会は小人数でしたが、台風で少し倒れた小豆の立毛は、収穫しにくかったと思いますが、枝が折れないように丁寧に収穫していただきました。参加してくれた子ども達も、黒く変色した莢を見つけ、ひと莢づつもぎ取ってくれました。

料理教室は、釜戸炊きご飯と、電気釜のご飯の食べ比べだったのですが、釜戸でご飯は子どもの頃に母が炊いていたのを思い出しながら、頑張ってみたのですが、火の勢いが上がらず、ちょっと軟らかいご飯になってしまいました。底の方には「お焦げ」が出来ていて、子ども達は初めて食べる黒いごはんが珍しく、お代わりをしていました。

あとは、重ね煮を二種類、美味しい味噌汁と餃子、ご飯の共を数種類、デザートには柿。

台湾からのお客さんも参加して下さり、スタッフも合わせて 4 0 名弱の大人数で和やかに、楽しい交流会となりました。

2019年11月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

チラシの訂正

先に配布しました、料理教室 と 小豆収穫会 のチラシで、

参加申込み先の FAX 番号を間違って電話番号を書いていました。

お詫びして訂正させて頂きます。どうぞ下記番号にてお申込み下さい。

よろしくお願い致します。

料理教室 と 小豆収穫会 の申込み先

FAX 0795 – 75 – 0354

Email:9638akaidaiya@gmail.com    又は

Email:info@azukikoubou.jp      までお願い致します。

2019年10月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

小豆の収穫会と料理教室

毎年おこなっている小豆の収穫会、今年は料理教室と同時開催となります。

開催日  2 0 1 9 年 1 1 月   3 日( 日 ) 午前 1 0 時~ 1 4 時 まで

場 所  あずき工房 やなぎた ( 丹波市春日町東中 1 4 2 5 )

連絡先  TEL 0 7 9 5 -7 5 -1 2 4 9   FAX 0 7 9 5 -7 5 -0 3 5 4

※ 小豆の収穫会  1 0 時~1 2 時 小豆の収穫作業

1 2 時~1 4 時 昼食 と 交流会

会 費    1000円

 

※ 料理教室  1 0 時~1 2 時  釜戸炊きご飯 と ご飯の共

1 2 時~1 4 時  昼食 と 交流会

会 費     2000円

※ 申込み先  FAX 0 7 9 5 7 50354

E-mail:info@azukikoubou.jp

申込者の  お名前

住 所

電 話

あれば  FAX   E-mail

※ 小豆の収穫会 又は 料理教室 を書いて申し込んで下さい。

※ お子さんの参加も歓迎です。会費は500円です。

※ 小豆の収穫は長靴、手袋、着替え等をご準備下さい。

※ 料理教室はエプロン、筆記用具をご準備下さい。

お申込みをお待ちしています。

 

 

 

2019年10月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿