西宮神社へ小豆奉納

今年の新小豆を西宮神社に奉納いたしました。

今年は夏の猛暑やその後の長雨、そして3度も台風に見舞われ、収量は少なくなってしまいましたが、元気で収穫させて頂いた事を感謝して奉納させていただきました。

神社では、とても丁寧に祝詞を挙げていだだき、玉串をお供えさせていただき、お神酒をいただきました。

丁寧にお受け取りいただいたことに感謝するとともに、また、来年も奉納させて頂けますように、お祈りいたしました。

2018年12月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

SAVVY に掲載されました

1 月号のあんこ特集に掲載されています。

「あんこ」と言っても、食パンにバターとあんこを載せていただくシンプルなものから、おはぎ、ぜんざい、どら焼き、たい焼き、あんパン、饅頭、最中、他には、コーヒーから、アイスクリームまで、さまざまに工夫を凝らしたおやつがぎっしり載っています。

あずき工房は「おいしいあんこは 小豆作りから」と

小豆の生産から、食事まで掲載されています。

是非手にとってごらん下さい。

2018年12月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

沢庵漬け

8 月に種蒔きをした大根、食べやすい大きさに育った大根から、引っこ抜いて食べました。

残った大根は、いろんな大きさの大根が残りました。

こんなに大きさが違う大根は、在来種の大根だからです。

それに、必要な大きさの物を引き抜いて食べてしまったから。

二回目に種蒔きをした大根が

もうこんなに大きく育ったので、残ったものを漬物にしました。

二回目の大根も順に食べて、残った大根の中から、来年出来てほしい大きさや形の大根を選んで、種取り用に囲っておいて、花を咲かせ、種を採ります。こんな事が出来るのも在来種だからこそのことですね。育ってくれた大根に感謝です。

2018年12月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

エンドウ蒔き

今朝は霧が深く、三尾山も全く見えませんでした。

1 0 時頃になると日が差し、爽やかな秋空になりました。

やっとエンドウの種蒔きができました。

畑を耕し、畝を立てて、種を蒔き土をかけて、その上から籾殻をかけておきます。

今日蒔いた「実エンドウ」は在来種。エンドウの名前は分かりません。品種改良をしないで、永がーく作り続けられて来た、貴重な種を頂いたものです。

味は、とびっきり美味しいです。

今日は実エンドウだけ、明日になるかな ?  絹さややスナップエンドウも蒔かないといけません。

 

2018年11月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

小豆もぎ

小豆の収穫にボランテァに来ていただきました。

恵泉塾の地域貢献の皆様です。

慣れないお仕事だと思いますのに、一生懸命に小豆の収穫や、実出しなどお世話になりました。

私共だけでは長くかかる収穫を早く済ませていただきました。

ありがとうございました。

2018年11月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

玉ねぎ植え

ようやく玉葱を植えることが出来ました。

まだ、早稲玉葱だけで、貯蔵用玉葱は苗が大きくなった分だけ、

少しづつ植えていくつもりです。

 

2018年11月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

ぜんざいフェアはじまる

丹波市内 3 2 の飲食店が参加して、フェアがスタートしました。

それぞれのお店で、美味しいぜんざいが食べれます。

あずき工房では、この地でしか出来ない幻の「黒さや大納言小豆」

1 0 0 %を使って、杵つき餅と一緒に、昔から伝わる、懐かしいぜんざいを食べていただけます。

もみじ巡りのいっぷくにお立ち寄り下さい。お待ちしています。

2018年11月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

黒さや大納言小豆の収穫会

夜 2 時頃には雨音がしていた。どうか朝には雨が止みますように、、

朝 6 時、雨は上がっていた。7 時には日も差してきた。

良かった。ありがとうございます。思わず 手をあわしました。

1 0 時から作業を始めていただき、1 2 時まで作業をしてもらって、

沢山収穫していただきました。ありがとうございました。

2018年10月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

明日は小豆の収穫体験会

明日は小豆の収穫に来ていただきます。

そして、小豆の料理と旬の野菜で昼食をしていただきます。

昨日湯がいた小豆を、おかず用と餡子用に分けました。

おかず用は、いとこ煮やにだいに使います。

餡子は、大きく膨らんだ小豆をもう一度煮立たせ、砂糖を二回に分けて加え、塩も加えて、炊き上げます。

この餡子は、おはぎにしてたべてもらいます。

昼食は、大根、カボチャ、サトイモ、人参、インゲン、柿、キューリ、などの野菜と、鶏も加えて田舎料理ばかりです。

明日は沢山の方にお出会いして、楽しく仕事をして、良く食べて談笑して、楽しませていただきます。

 

 

2018年10月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

野菜の虫捕り

今日は読売ライフの取材に来られる。

その合い間をぬって野菜の虫を見回る。

大根、白菜、蕪、ブロッコリー、など

特に今日は、とっちゃ菜を集中的に見る。

美味しい菜っ葉は虫も良く知っているのか、小さな虫が沢山付く。

葉っぱの表も裏も点検、裏側を見ようと葉に使えると、虫はころんと葉っぱの間に落ちてしまう。

そうなると指では摘まめ無い。

葉っぱを傷めないように、ピンセットで摘まみだす。

小さな小さな虫は、葉っぱや葉脈と見間違う。

でも、虫達は糞と言う痕跡を残してくれる。

糞の大きさに見合う虫が隠れている。

この虫取りを怠ると、菜っ葉はレースの様になる。

 

その後、前回、虫取りを怠った蕪の種を蒔いた。

今回は虫除け網を張ったが、これで安全と言えないかも知れない。

夕方、明後日の小豆の収穫体験会に出す食事の準備として、

小豆を煮る。小豆を洗って沸騰させ、煮こぼしを一回、そして

差し水をしながら、一時間余りをかけて水煮をして休ませる。

明日は、餡子用、おかず用、に分けて煮る。

こうして、慌しく一日が過ぎる。

2018年10月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿