★ 6月4日(土)・5日 のランチ

★ 6月4日(土)・5日 のランチ

小豆御膳」 一種類

  (季節の野菜を使っていますので、内容は変わります。)

    

小豆ごはん                                 

小豆みその味噌汁                

   ( 具・重ね煮した野菜・豆腐・あげ )

あずき茶

 

「ワンプレート」・・・左上      

上・・・ねまがり竹のマヨネーズかけ       

真中・・・うどの生ハムまき     

下 (右)・わらびのカツオかけ               

下 (左)・・・山ふきの佃煮

 

 

「ワンプレート」・・・右上      

上・・・おはぎ      

下 (左)・・・自家製の奈良漬け・漬物     

下 (右)・・・黒豆 

              

「ワンプレート」・・・真ん中      

左 (小鉢)・はちくの炊いたん・グリンピースの卵とじ      

真中 (上)・・・手作りコンニャク     

真中 (右)・丹波地鶏の小豆ソースかけ               

・キャベツ・ナスタチウム ( 食べられる花 )・ラリッシュ

 

 

2022年6月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

★ 5月28日(土) のランチ

★ 5月28日(土) のランチ

「小豆御膳」 一種類

  (季節の野菜を使っていますので、内容は変わります。)

     

「全体」                 

真ん中・・・ワンプレート         

右上・・・おはぎ・手作りのお漬物・黒豆     「ワンプレート」・・・下       「ワンプレート」・・・左上   

      小豆ごはん            左・・・グリンピースの卵とじ            上・・・ハチクのカツオ合え         

     小豆みその味噌汁          真中(上)・・・手作りコンニャク              真中(左)・・・うどの生ハムまき 

     ( 具・重ね煮した野菜・豆腐・あげ )            真中(下)・・丹波地鶏の小豆ソースかけ    真中(右)・ねまがり竹のマヨネーズかけ

     あずき茶                                                                                                                                    下・・・山ふきの佃煮

2022年5月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

こんにゃく作り

無農薬の茶畑で育ったコンニャクイモを、きれいに洗って適当な大きさに切った芋を、蒸し器で箸がすーと通くらいまで蒸します。

( 写真を写すのを忘れていました )

蒸しあがった芋を、井戸水を加えながら、ミキサーで細かくして、

さらに灰汁を少しづつ加えながらハンドミキサーで混ぜます。

( 灰汁は、凝固剤では無く、自然の灰汁を使います) 今日は胡麻殻から取った灰汁を使いました。

少し固まるようになったら、手ですくって鍋の底に叩き付けるようにして、まだまだ固めます。

固まったら、型に入れて半日ほど休ませます。

鍋でぐつぐつと1時間ほど煮て、灰汁抜きをします。

煮えたら、そのまま冷めるまで置きます。( その際、鍋の蓋はしないで )

冷めたら、こんにゃくを水で洗って、刺身で食べます。

煮汁と一緒に冷蔵庫で保存すれば、一週間ほどもちます。

あずき工房のランチの一品に出しています。

 

2022年4月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

タネツケバナ

田圃一面に咲く、タネツケバナ。

田圃が白く見えます。

近づいて見ると、一株はこれくらい。

日当たりの良い田圃の中ではこんなにみえるのです。

日の当たら無場所のタネツケバナは、花は付けずに葉っぱだけ。

クレソンの様に食べられます。

 

昔は「種浸け花」と書くのかな ?

この花が咲くと、苗代に蒔く籾(モミ)を発芽しやすくする為に、種籾を水に浸す頃になった事を知らせる花と言われました。

ちなみに苗代とは、田植えをする苗を育てる田圃の事で、今ではハウスの中で育てられるので、田圃で苗代を見ることは無くなりました。

 

2022年4月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

甘草の酢味噌和え

春になって、カンゾウの新芽が出てきました。

さっと湯がいて、酢味噌で和えていただきます。

甘草って、漢方薬にも使われているのですね。

漢方薬に使うのは、根っこの部分。

今出ているのは新芽です。

その新芽の柔らかいものをいただきます。

 

湯がいても味はありません。 酢味噌でいただきます。

ご注意ください。

画像の様に、葉っぱが「お雛様の」襟のように重なっているものを食べます。

重なっていない、よく似た葉っぱがありますが、重なってない物は食べられませんのでご注意ください。

 

2022年4月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

4月の今日も営業します。

今日は月曜日、でも営業します。

4月から営業日が変更になっています。

※営業日ーーーーー土曜日・日曜日・月曜日(10時~16時)

※休業日ーーーーー火・水・木・金曜日

よろしくお願いします

2022年4月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

白菜の花

食べきれなかった白菜に花が咲きました。

そして柔らかい花を摘みます。

サッと洗って、湯がきます。

 

水を切って、食べやすい大きさに切ります。

炒り胡麻に、砂糖、醤油を合わせて、和えます。

白菜の花は甘くて美味しいです。

2022年3月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

営業日変更のお知らせ

明日で蔓延防止法がようやく解除されることになりました。

しかし終息わけではなく、これからも対策は必要かと思われます。

マスクの着用、手指の消毒など、必要な対策は続けながら、ランチの予約も受け付けさせていただこうと思います。

つきましては、4月より下記のように営業日等変更いたします。

営業日  土・日・月曜日の3日間

     赤飯、おはぎ、ようかん、みそ、お茶、その他の販売

     ぜんざいセット、おはぎセットは店内で召し上がっていただけます。

※ 店内での飲食は、感染予防のため、5名様以下でお願い致します。

休業日  火・水・木・金曜日

ランチは営業日のみ、3日前に予約をお願いいたします。

 

小さな草花が咲き始め、これから甘草、ウコギ、ウド等々の芽吹きの頃となって参ります。

この時期にしか食べられない、旬の食材を楽しみたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

2022年3月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

春、みーつけた

2 0 日を過ぎても、まだまだ寒い日が続いています。

いつもの年だと、蕗の薹が出てもいい頃だと、春を見つけに行きました。

一番先に春を感じるのは「ふきのとう」 ! ! !

ありました。

 

ほら、こんなに可愛いフキノトウを見つけることが出来ました。

「春は苦みをとれ」と言われます。

 

冬眠していた熊が、目覚めて初めて食べるのはフキノトウだそうです。

熊は、長い間、眠っている間に、体内に溜まった毒素を、解毒するために苦味をとるのだそうです。

人は冬眠はしませんが、多くの農作業も無く、お正月などご馳走を食べて、体内に自然に溜る自然毒を解毒するのに、フキノトウはちょうどいい食べ物かも知れません。

ちょっとほろ苦いけれど、それが美味しく、春を感じます。

 

2022年2月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿