サンテレビで放映

11月27日( 日 ) 午前8:30~8 : 5 5

サンテレビ「ひょうご発信」

丹波の木材と食 で 丹波黒さや大納言小豆が放映されます。

リポーター は くわがた心 さんです。可愛いお嬢さんでした。

どんなふうに映るのか、楽しみであり不安でもありますが見て頂けば幸いです。

くわがたさんと記念写真です。

 

2022年11月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

柿酢を作りました。

庭にある柿の木に、沢山の実がつきました。

まだ青い柿もありますが、丹波市でも熊が柿を食べに来て、家の人が「何の音だろう ? 」と庭に出ると熊に出会い怪我をされたそうです。

熊の餌になるので、早く柿を収穫しましょう。と防災無線で放送がありました。

食べ切れない柿で酢を作ることにしました。

良く熟した柿のヘタの部分を包丁で切り取って、切り口を下にして、ビンに詰めるだけの事です。(柿の表面に酵母菌が付いているので、拭き取らないようにします。)

コバエが入らないように、ビンの口に布巾をかけて置きます。 ( 蓋はしません )

時間が経つにつれて柿が柔らかくなり、次第に潰れていきます。

柿の熟度によって、酢が出来るまでの時間は変わります。

約一か月程で、柿の種や皮がつぶれて、ビンの上の方に蓋のように固まり、その下に汁が出てきます。そして

酢の良い香りがしてきたら、ザルや布で濾して、透明 (酢の色) の酢を保存ビンに入れて、冷暗所で保存します。

( 長く置きすぎると、水のようになってしまいます。)

私は、一年中使っています。

2022年11月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

つる首かぼちゃ

つる首かぼちゃの種取をしました

ひょうたんのように、下の方がぷっくりと膨れ、この部分に種がはいっています。

上の方は果肉ばかりで種はありません。

下の方はぷっくり、その上は鶴の首のように長く、先端はくちばしのように、くるっと曲がっています。

このかぼちゃは在来種と聞いています。

果肉は柔らかく、べちゃとして淡白のように思います。

子どもの頃に食べたような懐かしいかぼちゃのように思います。

皮の色は薄い茶色や緑いろが混ざっていて、煮物にすると、少し硬いように思います。中は濃いいオレンジ色です。

優しい甘さと、小豆の甘さがよく合うようで今日のランチに使わせてもらいました。

つる首かぼちゃと書いたのですが、鶴首南瓜なのか ?  蔓首かぼちゃ ?

と書くのかはわかりません。ながーく命を繋いできた在来種を大切にしたいと思います。

 

2022年10月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

ごまの収穫

畑に立ったまま葉っぱを落としてから、刈り取りをしました。今年は無肥料、無農薬で作ることと、一株一本に育てると背丈が伸びるので、一株二本にすると、余り丈が伸びずに刈り取りがしやすかった。

刈り取ったゴマは乾燥させて、殻を取り除きます。

そして扇風機の風でゴミを吹き飛ばしました。

もう一度日光に当てて乾燥させます。

その後、小さなゴミを手で一粒一粒選り分けて使います。

ゴマを取った、ゴマ殻はとっておきます。

後でゴマの灰汁を作り、こんにゃくを固めるのに使います。

 

 

2022年9月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

サツマイモが掘れました

14号の台風が来る前日に、雨に合わないように芋ほりをしました。

肥料を入れるタイミングがわからなくて、無肥料、無農薬のサツマイモがとれました。

大きくなった芋は、数が少なくて、ちょうどいい大きさの物が少なかったです。

初めてにしては上出来と、自分で満足しています。

来年はもう少しいいのが出来るようにしたいです。

2022年9月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

小豆の花

今日も又雨、気温が高く蒸し暑い。

草がどんどん伸びて、休む間が無い。

小豆も随分大きくなりました。よく見ると黄色い花が咲いています。

緑の中に点々と黄色い花が、とてもきれいで可愛いです。

今年は雨が多かったからでしょうか ?

ツルのように伸びたのもあります。

この花が落ちると、その下には小さな莢ができます。

2022年9月10日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

稲刈り

8月30日(火) 午後3時から稲刈りの予定でした。

ちょうど正午頃から霧のような雨が降り始め、「ウワー雨、止めてーーー」

台風11号の影響 ?  秋雨電線の活動の為でしょうか ?  雨は夕方まで降ったり止んだり、、、

稲刈りは明日に延期。明日は出来るのかしら ?

土曜・日曜・月曜日の間に、近くの田圃はすっかり稲刈りが終わってしまいました。

 

しとしと雨が降る中、胡麻の葉っぱ落としをしました。

雨が上がれば刈り取りをします。

化学肥料や農薬を使わずに、育てた白ごまは少ししか収穫できないけれど、

私にとっては貴重な大切な大切な胡麻です。

 

2022年8月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

小豆が大きくなっています。

三尾山の麓に広がる畑では、猛暑にも負けず小豆がどんどん大きくなっています。

長く降らなかった雨が降りました。

この雨で大きな被害の出ている地方があるとの報道がされています。

被害に合われた皆様にお見舞い申し上げます。

丹波黒さや大納言小豆は、久しぶりの雨でどんどん大きく育っています。

2022年8月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

白瓜の酒粕つけ

真夏の太陽がじりじり照り付けます。

白瓜も柔らかそうに育ちました。

瓜を収穫して、粕漬けをします。

白瓜は、きれいに洗って、縦半分に切ります。

中のズをスプーンで掻き出します。

ズが入っていた窪みに、塩をいっぱいに入れて、樽に並べます。

押し蓋をして、重石(瓜の重量の倍)をします。

3、4、日すると水が上がってきます。(永く浸けたままで置くと塩辛くなります)

粕床を作ります。

酒粕1㎏に砂糖250gを良く混ぜ合わせておきます。

地元のお酒屋さんで、粕漬け用の柔らかい酒粕を売っています。

酒屋さんによって味が違うので、味醂やお酒、砂糖で調整して、お好みの味や固さにしてください。

水が上がって、2、3日して晴天の日に、瓜の中に塩が溜っているようなら、上がった水の中で振り落とし、ザルに上げて半日ほど天日に干します。

干しあがった瓜は、大きい物は半分に切ります。

樽にナイロン袋を入れて、その中に粕床を敷き、瓜を出来るだけ隙間のないように並べ、次に粕床と、交互に2段、3段と重ねていきます。

最後にナイロン袋の口をしっかりしばって、一年間ほぞんします。

漬けた、日にちを樽に貼っておくと便利です。

そして来年、もう一度、漬け替えて半年ほどすると、美味しくなります。

 

2022年8月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿

かぼちゃが消えた ?

命が繋がる食事を、お出ししたいと思います。

命が繋がるって ?

人は食物をいただいて生きています。

昔からずーと命を繋いで来たかぼちゃ !  ( しつこく言えば品種改良せずに、今日まで生きてきた品種を在来種と言っています。)

そんなかぼちゃを、化学肥料や農薬を使わずに栽培して、お客様に食べていただきたいと畑に植えていました。

1・2・3・4、、、今年は10個以上成っている。( 嬉しかった)

ようやく収穫しょうと畑に行くと、「あれっ 無い」「昨日まであったのに ? 」

葉っぱの下の隠れた所に、2つ、3つ ありました。

「良かった。ありがとう ! 」

 

今日は、子蔓 ?  孫蔓 ?  に花が咲いていました。

大切に受粉しました。大きくなってくれますように(祈る)

2022年8月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 専用投稿